茶道の稽古着

男着物の加藤商店トップ > 男の和装特集 > 茶道の稽古着

茶道の稽古着用の男着物を買うなら!

化繊の紬やちりめん、お仕立て代込の着物反物、袴、白足袋まで。汚れたりしやすい稽古着には洗える着物はお薦めです。着物を着てのお稽古は洋服以上に所作なども身に付きやすくなります。男着物専門店が茶道の稽古着選びをサポートします。

稽古着用の着物の選び方

茶道を習い始めてくると必要になるのが着物や袴です。茶会や茶事の着物は流派やしきたり、先生の意向により装いにも決まりがありますが、お稽古着であればそういったルールに縛られずにいてもよいでしょう。そこで普段着着物としての「紬」はお薦め!シンプルで派手過ぎず、ベーシックに装うことができるので入門用の稽古着の着物としては最適です。丈夫で汚れてしまっても気軽に洗える着物は正絹よりも手入れもしやすく人気です。他には柔らかめの「ちりめん」や清涼感のある「薄物」も暑い日にはお薦めです。着物を着用してのお稽古は所作などをよりきちんと練習できます。

茶道の稽古着人気ランキング

紬(つむぎ)の着物

染色した糸を織った生地で表面にフシのあるのが紬の着物です。生地もしっかりしているので丈夫でシワになりにくいのが特徴。

ちりめんの着物

生地の表面にやや凹凸のあるものです。ポリエステル素材を使っているちりめん生地は、水にも強く縮みません。またシワにもならないので畳んで収納する事が出来ます。

夏場の装い

夏場には透け感のある着物は涼しく着心地がいいです。2枚目以降の暑い日の稽古着としてお薦めします。



稽古着としての袴はやや仰々しくなるかもしれませんが、1枚は持っておいてもよいアイテムです。立ったり座ったりする機会の多い茶道ですので、汚れたり生地が擦れたりすることが多く、正絹の袴でなくとも化繊を稽古着として着用してもよいでしょう。一般的には無地の袴で馬乗りタイプがよいでしょう。紬の反物生地をセミオーダーにてお仕立て致します。

29,798円(税込)

商品はこちら


東レシルック

東レシルック着物

絹のような風合いでありながら自宅で気軽に洗えるのが東レシルックです。
しなやかで着心地のいい品質と形状記憶にも優れているので洗濯しても型崩れせず長くご着用頂けるので、茶道を向きです。




茶道に使える和装小物

茶道のお稽古などに向かう際に足元の汚れを守ってくれるのが単衣の足袋カバーです。気軽に着用できて、冬場などの寒い季節には重ね履きできて防寒対策としてもお使い頂けるおすすめ商品です。



一式揃ったフルセット

初めて着物をお考えの方におすすめ!着付けに必要な和装小物なども一式揃ったフルセットです。



20 件中 1-20 件表示 


袴 男 無地 紬 仕立て代込 (6866)

袴 男 無地 紬 仕立て代込 (6866)

  • 仕立て代込

29,798円(本体価格:27,590円)

男着物 洗える着物 袷 色無地 (6860)

男着物 洗える着物 袷 ちりめん 色無地 (6860)

袷

定価29,160円のところ
22,680円(本体価格:21,000円)


長襦袢 男物 洗える 夏用 駒絽  (7352)

長襦袢 男物 洗える 夏用 駒絽 (7352)

定価10,800円のところ
9,720円(本体価格:9,000円)

男着物 洗える着物 単衣 無地 (6704)

男着物 洗える着物 単衣 無地 (6704)

単衣

24,624円(本体価格:22,800円)

会員価格あり!
夏羽織 洗える 単衣 紗(6676)

透け感を楽しむ紗織りの羽織!
夏羽織 洗える 単衣 紗(6676)

単衣

定価25,920円のところ
23,328円(本体価格:21,600円)


男着物 洗える着物 単衣 色無地 紗

透け感があり清涼感漂う夏着物
男着物 洗える着物 単衣 色無地 紗(6675)

単衣

定価25,920円のところ
23,328円(本体価格:21,600円)




長襦袢 男物 洗える 白 (7338)

長襦袢 男物 洗える 白 (7338)

6,750円(本体価格:6,250円)


20 件中 1-20 件表示 



お値打ち品



カテゴリ一覧






外出先でもお買い物






フェイスブック インスタグラム