{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 075-200-7684 (平日 10:00〜17:00)
七五三・お宮参りでの父親着物の装い方

日本の伝統行事としてお子様の成長を祝い、感謝する儀式の七五三に参拝する際の父親の着物の着こなし方やポイントをご紹介します。母親や祖母だけが着物を着用するのではなく、大切な節目だからこそ父親も一緒に着物を着て家族で参拝しましょう。お子様の成長の節目に家族揃って着物で記念写真を残せるのは一生の思い出として宝物になります。

着物フルセットランキング



着こなしポイント

①主役はお子様で両親は介添え役


両親の格好は派手過ぎず、失礼のないような着こなしを意識しましょう。洋服で例えるとブレザーにスラックスですが、それを着物に当てはめると着物と羽織の着こなしです。結婚式に着るような黒紋付羽織袴はお子様と同格で仰々しくなってしまい、逆に普段着感覚のウールの着物はカジュアルすぎるので、一般的なお召しや紬の着物・羽織が良いと思います。色柄は派手すぎるものは控え、夏場であっても羽織はあったほうがよいでしょう。


②袴について


袴を穿いたほうがより礼装感がありきちんとした印象になるので穿いてもよいでしょう。ただ必ずしも必要というわけではなく、袴は着用せずとも着物と羽織だけで充分です。


③足袋の色


白足袋と色足袋では「白足袋」のほうが礼装感があります。白足袋は理想ですが黒足袋などでも特に問題はありません。個人的には色足袋であったとしても着物と羽織はスーツよりも礼装感があると思います。長襦袢も衿の色が「白」だとよりきちんと感ができます。



店長コメント

店長コメント

七五三・お宮参りでの装いは「こうでないといけない」というきまりはありません。子供さんを引き立てるように控えめな装いを心がけましょう。着物の素材が正絹、化繊は問いません。個人的には成人式で着られるような衣装っぽい派手目の着物はお薦めしません。



七五三やお宮参りで使える和装小物



高級感漂う正絹角帯



18件中 1-18件表示

角帯 正絹 博多織物 献上 (5714)

¥ 8,250 税込
18件中 1-18件表示