{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 075-200-7684 (平日 10:00〜17:00)

男の袴を買うなら!

国産米沢織物の無地や縞柄の平袴まで取り扱っており、体型に合わせたオーダーサイズで馬乗り仕立てから行燈仕立てまで承っています。お急ぎの方はお手入れが簡単な仕立て上がりの化繊の袴もございます。男着物専門店が袴選びをサポートします。


格を上げる粋な装い

男の袴は卒業式、結婚式、成人式、などで着用するイメージがありますが、茶道、居合、弓道、能、落語などの準礼装、各種儀礼の礼装着やお洒落着としても最適です。背中の部分に腰板が付いているので自然と姿勢も良くなり、きれいな着姿はより一層風格が増します。

袴の色柄

縞袴と無地の袴がありますが、無地の袴が一枚あると様々な場面に応用が利くのでとても重宝されています。 縞の袴は、最も格式が高いとされていて、羽二重の紋服やお召しなどの礼装に合わせるのが一般的で、紬やウールのカジュアルな着物にはあまり合わせません。縞の太さについては太い物は若者向き、細い縞は年配向きとされていますが、近年では基本的に細い縞を選んでおくのが良いとされています。


【番外編】 男と女の袴の違い

男性用と女性用の袴では形状や用途が異なってきます。 袴は帯の上につけるので、男性は腹の下に着用、女性の場合は半幅帯を胸に締める為女性の袴の方が長くなります。また男性用には腰板がありますが女性用には腰板が付いていません。紐の幅も男性に比べて女性の方が2倍近く幅が太くなっています。 男性の場合は礼装着として袴は必需品ですが、女性の場合は礼装には使いません。その為男性が女性用、女性が男性用を代用品としてお使い頂く事はできません。



19件中 1-19件表示
19件中 1-19件表示