{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 075-200-7684 (平日 10:00~17:00)

男の袴

男の袴の選び方

男の袴は卒業式、結婚式、成人式だけでなく、茶道、居合、弓道、能、落語などの準礼装、各種儀礼の礼装着やお洒落着としても穿かれます。日本製米沢織物の無地や縞柄などを取り扱っており、体型に合わせたオーダーサイズで馬乗り袴や行燈袴に対応可能です。お急ぎの方やお手入れが簡単な方には仕立て上がりの化繊の袴もあり、男着物専門店が袴選びをサポートします。


男の袴ランキング



袴を選ぶ時に知っておきたい
3つのポイント

  • ①袴の形状は馬乗り袴と行燈袴
  • ②生地と格について
  • ③仕立てと既製品

①袴の形状は馬乗り袴と行燈袴

フォーマルなシーンに穿かれる袴は大きく分けて、スカートのように筒状になった「行燈袴」とズボンのように二股に分かれている「馬乗り袴」とがあります。スタンダードなのは馬乗り袴で、裾さばきしやすく歩きやすいということで人気です。行燈袴はトイレがしやすいので、穿かれる方もいらっしゃいます。その他、カジュアルな袴として小袴や野袴という形状のものもあります。日常着・仕事着としてズボン感覚で穿かれます。

(行燈袴)

行燈袴

(馬乗り袴)

馬乗り袴


②生地と格について

袴には縞袴と無地袴があり、縞袴は最も格式が高いとされていて、礼装着には正絹の袴地で生地が固く張りのある「縞袴」を合わせます。正絹の縞袴は「仙台平」とも呼ばれています。礼装でなければ無地の袴が一枚あると様々な場面に応用が利くのでとても重宝され、お召や紬で仕立てることも多いです。普段着用途であればウールや木綿、化繊で仕立てることもあります。ただ正絹の袴は高価な為、化繊素材の縞袴や無地袴も実用的で人気です。

縞袴
無地袴


③仕立てと既製品

袴 反物

一般的には反物からお仕立てを行います。身長や体格から寸法を割り出しする事も可能なので初めての方でも簡単にお仕立て頂けます。ただお届けまで約40日程かかるので着用日のある場合は早めの準備をお薦めします。急ぎで必要な場合は既製品からお選び頂くことも可能ですが、色柄や素材に限りがあるのでご注意下さい。



お手元確認サービス

お手元確認

お仕立て前に反物とご返送用の送り状をお届けし、直接手に取って頂き反物の生地感や風合いを確認頂けるお手元確認サービスを行っております。 ご確認後に当店まで同封の返送用送り状を使用頂き、反物をご返送後に問題が無ければお仕立てを開始させて頂きます。※商品によっては対応していない商品もございます。※商品代金とは別に1,000円(税別)かかります。



特選!正絹袴ランキング



特選!無地袴ランキング



精錬・お直しで風合いが蘇った新古品



すぐに着られる既製品の袴ランキング



夏用の袴


20件中 1-20件表示
20件中 1-20件表示

男と女の袴の違い

男性用と女性用の袴では形状や用途が異なってきます。 袴は帯の上につけるので、男性は腹の下に着用、女性の場合は半幅帯を胸に締める為女性の袴の方が長くなります。また男性用には腰板がありますが女性用には腰板が付いていません。紐の幅も男性に比べて女性の方が2倍近く幅が太くなっています。 男性の場合は礼装着として袴は必需品ですが、女性の場合は礼装には使いません。その為男性が女性用、女性が男性用を代用品としてお使い頂く事はできません。