仕立て上がり着物のサイズの選び方|男着物の加藤商店

トップ > コンテンツ > 仕立て上がり着物のサイズの選び方

仕立て上がり着物のサイズの選び方

仕立て上がりの着物をお選び頂くときに、一番多いお問い合わせが「サイズについて」

洋装と違いなじみの少ない着物は何を基準にしていいのかが分かりづらく、特に体型に特徴のある方(背が高い、恰幅がよい、筋肉質で肩幅が広いなど)は、サイズ表だけだと判断しにくい…という方がいらっしゃいます。

こちらのページでは体型別モデルの着用例を用いてどんなイメージに見えるのか、
又一般的な着物の目安のご案内、着物のサイズについての考え方などを簡単にまとめてみましたので、サイズ選びの際にご参考頂ければご思います。

着物サイズの選びかた

着物のサイズについては、着用理由・目的(普段着なのか礼装なのか)、あるいは人によっても意見の違う場合もありますが、 着付けによって多少のサイズの前後は補うことが出来ますのですごく神経質になる必要はありません。

着物をよく着られていた時代には「女並」「男並」といわれる標準的パターンの中で決められたおり、多少の長い短いの寸法でも工夫して着用していました。

ただ、最近では体型や身長も様々で調整にも限界がありますので、サイズの目安や見え方のイメージを知っておくと、購入頂く際に大きく失敗はないかと思います。

体型別モデルがサイズ別の着物を着用してみました

着物サイズによって着用のイメージがどのような印象になるのかご参考ください。

■モデル体型:180cm68kg やや細め体型

Mサイズ(身丈140cm)着用

Mサイズ(身丈140cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

Lサイズは身巾や裄(手首までの長さ)は丁度良いが着丈が少し短いです。 LLサイズは着丈は丁度だが身巾や裄は少し大きい程度です。 補整をすれば問題ないのでこちらの体型では「LLサイズ」がおすすめです。

■モデル体型:160cm58kg小柄 B95cmW85cmH90cm

Mサイズ(身丈140cm)着用

Mサイズ(身丈140cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

Lサイズは身巾、着丈ともにかなり大きいです。 Mサイズは身幅、着丈ともに少し大きい程度です。 補整をすれば問題ないのでこちらの体型では「Mサイズ」がおすすめです。 ※「S」サイズ(着丈136cm)の着物であれば補正なしで大丈夫でしょう。

■モデル体型:167cm65kg 標準型

Mサイズ(身丈140cm)着用

Mサイズ(身丈140cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

Lサイズは身巾が少し大きめですが少し体格のよい方(80kg位)ならこちらでも大丈夫です。 Mサイズは着丈、身幅ともに補正なしで丁度よいサイズです。 こちらの体型では「Mサイズ」がおすすめです。

■モデル体型:168cm67kg 標準がっちり型 B102cmW80cmH95cm

Mサイズ(身丈140cm)着用

Mサイズ(身丈140cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

Mサイズは身巾は丁度だが、丈が少し短いです。 Lサイズは着丈、身幅ともに若干大きめですが、 補整をすれば問題ないのでこちらの体型では「Lサイズ」がおすすめです。

■モデル体型:172cm78kgがっちり型 B95cmW85cmH99cm

Mサイズ(身丈140cm)着用

Mサイズ(身丈140cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

Lサイズ(身丈144cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

LLサイズ(身丈151cm)着用

Mサイズは身巾は丁度だが、丈が少し短いです。 Lサイズは着丈、身幅ともに補正なしで丁度よいサイズです こちらの体型では「Lサイズ」がおすすめです。

標準的な目安です

仕立て上がりの着物のサイズを選ぶ場合は適応身長もしくは、身長から30cm程度引いた着丈が目安となります。 ただ、サイズ表で自分のサイズを選んでも、実際に着た時にはどんな感じがいいか今ひとつピンとこないし、実際の丈感がいまいちわからない・・・とおっしゃる方も多いはず。

一般的目安としては

着丈 帯を締めて着つけた状態で、裾が足の甲に触れるか触れないか、足のくるぶしが丁度かくれるくらいです。
※帯を締める前に羽織ったままの状態では、着物の裾が床に触れるか触れないかの長さになるのが適当でしょう

袖丈 斜めに手を下ろした状態で着物の袖が手くるぶしより少し短めががきれいに見えます。
※着物の裄(袖)は洋服よりも短めが理想です

足の甲に触れるか触れないか

足の甲に触れるか触れないか

手くるぶしより少し短め

手くるぶしより少し短め