男着物サイズの選び方

トップ > コンテンツ > 男着物サイズの選び方

男着物のサイズの選び方

あまり馴染みのない着物は洋服と違い、サイズ選びで戸惑ってしまわれます。特に体型に特徴のある方(背が高い、恰幅がよい、筋肉質で肩幅が広いなど)はご不安に感じられると思いますが、こちらでは体型に合わせた基本的な着物サイズの選び方をまとめましたので、ご参考頂き自分の体型に合った着物をお選び下さい。


着物のサイズ

洋服と違い着物は体に巻き付ける様に着るので、ある程度着付けによって調整が可能になっています。また単純に着物だけを着るのではなく、細身の方の場合は補正タオル等を使用しお腹周りを作って頂く事でより一層かっこいい着姿になります

着丈の長さ

着丈の長さ

着物の裾が足の甲に触れるか触れないか位で、くるぶしが隠れる位がちょうどいい長さです。

裄(腕の長さ)

裄の長さ

斜めに手を下ろした状態で着物の袖が手のくるぶしより少し短めががきれいに見えます。

仕立て上がりの着物

男着物のサイズの選び方

仕立て上がり(既製品)は万人が着られるように縫製されているので、ご自身の体形にピタリと合うことは稀ですが、標準体型の方であれば適応サイズより選べば着丈や身幅の多少の誤差はあれど問題なく着る事が出来ます。またご注文後すぐにお届けできるので急な入用で必要になった場合オススメです。

仕立て上がり着物のサイズの選び方

仕立て上がりの着物のサイズを選ぶ場合は、標準体型の方だと身長から約27cm引いた着丈が目安となり、細身の方の場合は30cm、恰幅のある方の場合は25cmを引いた着丈が目安となります。

男着物サイズ一覧表

すぐに着られる着物ランキング


オーダー着物

男着物のサイズの選び方

体型に合わせたオーダー着物は体に沿った着こなしになるので着崩れしにくく、カッコいい着姿になります。お仕立てには約50日程お時間がかかりますが、自分だけの最高の1着を着る事が出来ます。細身や恰幅のある方の場合仕立て上がりではサイズが合わない事がありますが、その場合はオーダー着物がオススメです。オーダー着物はサイズ感だけでなく、裏地を選んだり、家紋を入れられるのでカスタマイズも豊富です。お仕立て寸法がわからない方でも男着物の加藤商店ではご体型から割り出してお仕立てする事もできるのでお気軽にご相談下さいませ。


お仕立て前のお手元確認

お仕立て前のお手元確認

お仕立て前の反物を事前に直接手に取りご確認頂けるサービスです。インターネット上だけでは伝わりきらない色味や風合い、お顏映り等を確かめて頂きご不安を取り除いたうえで、お仕立てをさせて頂きます。



オーダー着物ランキング




着崩れしにくい和装小物

【関連記事】