{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
お客様専用ダイヤル 075-200-7684 (平日 10:00~17:00)

デニム着物・木綿きもの

カジュアル着物の代名詞でもある「デニム着物」。肩ひじ張らずに気軽なファッションとしても楽しめるのが「デニムきもの」のいいところです。着物下にTシャツをコーディネートしたり、履物も雪駄や草履ではなくスニーカーやブーツの組み合わせもオシャレです。




デニムといってもズボンのデニムのような硬さはなく、程よい厚みがありながらも、しなやかで着心地のいい生地の風合いです。裏地をつけない単衣仕立てで盛夏を除くシーズンでの着用にお薦めです。



デニム着物ランキング



コーディネートを楽しむ

洋装で着られるスタンドカラーシャツやハイネック、皮のバッグやストールなどとも相性が良いのでコーディネートの幅を広げてくれます。


スタンドカラーシャツランキング



帯ベルトで着付けも簡単



着物に慣れない方にとって、着付けや帯結びは敷居の高いことです。 デニムの着物には一般的な角帯を締めるのもいいけれど、帯ベルトとのコーディネートもお薦めです。ズボンにベルトを締める要領で簡単に着脱が可能!現代風の新しいきものスタイルを楽しむことができます




木綿の着物は家着にも最適

比較的「木綿きもの」のほうが生地がやわらかい印象はありますが、「デニム着物」も「木綿きもの」もどちらも綿素材の着物です。一般的に無地や縞、絣などが主流で、木綿は日常を楽しむための粋な着物スタイルです。カジュアル着物の代名詞として普段着感覚で着る着物として昔から親しまれています。正絹のように気負わずにサラッと着られ、洗濯やお手入れも簡単なので初心者の方にも取り扱いしやすいのが特長です。ベーシックな色柄からポップで多色柄もあり洋服のようにオールシーズン着られる着物です。色柄バリエーションも豊富です。日常着感覚で着られる着物として、家でのくつろぎ着として、楽しまれてはいかがでしょうか?



木綿着物の人気ランキング



デニム着物・木綿着物のお手入れ方法

木綿の着物は自宅の洗濯機で丸洗いする事も可能なので正絹素材等に比べてメンテナンスがしやすいのもひとつの特長です。洗濯後は洋服感覚で畳んで収納できるのでかさばりにくいです。ただし洗濯後はシワがつきすいのでアイロンがけやシワ伸ばしが面倒に感じる方はクリーニング店に出す事をオススメ致します。また乾燥機での乾燥は生地が縮む恐れがあるので外干しで乾燥させましょう。



洋服のような日常着感覚で楽しむ木綿のきもの!

しなやかで着易く、お手入れも簡単なので普段着・家着・遊び着として楽しまれています。手持ちの小物とのコーディネートを楽しんだり自由な感覚でオシャレができるのもデニム着物の特徴です。着れば着るほど身体に馴染むデニム生地から伊勢木綿や片貝木綿など、体型に合わせたお仕立ても手配いたします。


41件中 1-20件表示
1 2 3
41件中 1-20件表示
1 2 3

関連動画



男着物の加藤商店は日本でも数少ない男着物の専門店です。トラディショナルで正統派な着物である「紬」や「ちりめん」「お召」も取り扱っておりますが、普段着として気軽に着物を楽しんでもらえるデニムの着物や木綿の着物も取り揃えております。着物を今まで着る機会の無かった人がいざ着てみようかと思っても、「きちんと着れなかったらどうしよう...」「こんな着方をしていいんだろうか?」「着物は格好良く着ないといけない」というふうに感じられたことはありませんか?
そういった方にお薦めしたいのがこちらのページでご紹介する「デニム着物」や「木綿きもの」です。木綿は何といっても肌触りのよさが魅力です。デニムの着物は生地にステッチがはいっていてファッション感覚で楽しめる着物です。そしてデニムや木綿のどちらも取扱いが楽で自宅での洗濯もできる普段着着物の代表です。着こなし方も着物下には襦袢の代わりに衿のあるシャツやTシャツ、タートルネックと組み合わせてみたり、履物も和の履物ではなくブーツやスニーカーとの組み合わせもよく合います。
幕末の坂本龍馬は袴にブーツをコーディネートしていたそうです。洋服を着ることが普通な現代では、着物を洋服生活の中に取り入れてルールや決まり事をあまり意識せず、とにかく肩ひじ張らず自由に着てみませんか?そんな着物選びを男着物の加藤商店はサポート致します。

今月のオススメ

七五三・お宮参り