男着物の加藤商店公式ブログ。着物の楽しみ方や新着情報などをお届けします。

男ゆかたの着丈が長いと思った時は

コーディネート, 着方・ハウツー, 気ままな着物トーク kowada
メンズ浴衣 サイズ調整

既成品の浴衣を選ぶ場合、適応身長から選ぶのですが、

 

通販サイトなどで購入したメンズ浴衣などの場合は、

浴衣が届いて着丈が思っていた以上に長いと感じることもあるかもしれません。

 

女性の場合は「おはしょり」といって

着丈(きたけ)を合わせるために腰の辺りで折り返した部分で、着丈を調整する機能を持っています。

 

ですが基本的に男性の場合は「おはしょり」はなく、

着丈をそのままに着ます。

 

 

なので既製品のサイズ、着る方の体型によっては

上記のように浴衣の裾が着丈が足の甲までくる場合と、足首が少し見える場合とがあります。

 

 

どれが正解ということはありません。

足の甲まできてもいいですし(^-^)

少し短めでも粋です♪

 

 

個人的には、男浴衣の場合は丈がやや短くても涼やかに見えると思います。

着た時のイメージなどをブログで紹介しています→ブログ

 

メンズ浴衣

着丈の長さにキマリはありませんし、上のどちらの着方も格好いいです。

 

 

しかし、下記の画像のようなに裾にたるみがある場合はさすがに長いです(^o^;

メンズ浴衣 サイズ調整

 

 

 

着丈がやや長い時の対処法

 

もし着丈が「やや長いかなぁ~」と思った時は

着方を工夫することで調整することも可能です。(すごく簡単)

 

浴衣を身体に合わせる(巻き付ける)時に、

たくしあげて、やや持ち上げながら着ていきましょう。

 

イメージとしては、右斜めに引き上げる感じです(^^)

メンズ浴衣 サイズ調整

 

余った生地の部分を折り込みます。

メンズ浴衣 サイズ調整

 

生地を余分に織り込んでいるので、帯だけでは下にズレて気崩れたりします。

そこで、男締め(腰ひも)をしてから帯を締めると着崩れを防ぎ綺麗な着こなし

もできるのでオススメです\(^o^)/

 

男〆 男締め

商品詳細はこちら:https://www.otokokimonokato.com/fs/otokokimono/komn1151

 

 

下の画像のような足首が少し見える程度に合わせると非常にスッキリとした

着こなしになります(^O^)

メンズ浴衣 サイズ調整

 

<着用イメージ>

 

サイズダウンして小さいサイズに交換という方法もありますが、

身幅は問題なく、着丈だけが長いという場合は上記での着方の調整がベターだと思います。

 

上記のような調整では着るのが難しかったり

明らかにサイズが大きすぎる場合はサイズ交換をお薦めします。

 

 

また浴衣の素材にもよりますが

綿素材や綿麻の場合は洗濯したらやや縮むこともありますので

念頭にいれられておいてよいと思います。

 

 

是非ご参考くださいませ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です