男着物の加藤商店公式ブログ。着物の楽しみ方や新着情報などをお届けします。

羽織紐の選び方について

気ままな着物トーク otokokimonokato

 

こんにちは、スタッフの妹尾です。(^O^)/

今日は羽織紐の選び方についてのお話しです。

 

羽織紐って着物姿のアクセント。

着物だけの着流しではなく、羽織を着るようなお洒落着の場合は

気をつけたいところですよね(^-^)

 

スーツでいうところのネクタイにあたると思います。

 

羽織紐もいろんな種類があります。

 

 

房の大きい丸組(丸打ち)や

シンプルな平打ちといったものから

無双といってあらかじめトンボ玉のようなものが

紐の中心に取り付けられたものまで様々。

 

羽織紐 男 正絹 手組み紐 綾高来 (5887)

 

羽織紐 男性用 ビーズ (6343)

 

 

着物に慣れない時は

どれを組み合わせたらいいか分からない方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

お洒落着の場合、

基本的には好みでつければいいと思います。

 

色目については羽織と同系色だと

無難ですがしっくりくると思います。

 

慣れてきたら羽織の色だけでなく着物や帯の色とのコーディネート

を楽しんでみればと思います。

 

あと店長が個人的に気を付けている事として

お洒落着としての着物の場合は

房などの大きなものは避けているようです。

「主張しすぎて野暮ったく感じるので」と言ってました。

 

 

 でも紋付などの礼装着として着る場合は大きくてもいいと思いますよ。

 

羽織紐 男 正絹 手組み紐 梵天 濃紺 (6524)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です