お正月・初詣の男着物の選び方|男着物の加藤商店

トップ > コンテンツ > お正月・初詣の男着物の選び方



 

お正月の着物


お正月や初詣、新年会など。新年という節目を迎えるのには着物を着るのは日本の文化・風習を改めて感じるきっかけになります。家族揃って初詣に出かけたり、新年会に洒落着として着たり、仕事関係のご挨拶として着たりなど。初詣や新年会に着ていると周りの人達にも喜ばれますし、正月の雰囲気をいつも以上に感じることができます。初めて着物を着る方はもちろん、新しく着物を新調しようとお考えの方でも、男着物の専門店が新年を迎えるのに最適な着物の選び方をサポートします。


新年は着物で迎えるよき習慣


着物が普段着の頃は正月にふさわしい着物を新調し新年を迎えていた習慣があったそうです。
これを「着衣始(きせはじめ)」といいます。正月というのは、歳神(としがみ)様を迎えするために
門松や鏡餅を飾り、その年の五穀繁盛や健康祈願などを願いお祝いする行事として過ごします。
その名残から洋服が日常着になっている現代では、日本の文化・風習である着物を装うということはとても「粋」な習わしなんです。


初詣で着る着物ランキング

着物のルールや着方などが難しいと思うかもしれませんが、初詣などでの着用であれば、特にルールなどを意識しすぎず防寒やお好みの姿で楽しんでも良いでしょう。


新年会で着る着物ランキング

仕事関係や趣味の集まり、お稽古事の挨拶など、少し改まった場に行く場合は、相手に失礼のないように装うのが基本です。無地の紬やお召しなどが最適で、白足袋を履いたり袴を穿くことでより礼装感のある装いになります。


一式揃った男着物セットランキング

着物を着ることによって一年を新たな気分で迎えることができ、新しい自分を発見できるチャンスです。
普段から着物を着たいと思っていたけれど、どこに着ていっていいかわからなかった方でも、初詣や新年の挨拶は着物デビューのいいきっかけです。こちらはおでかけに必要な物が全て揃ったフルセットを御用意しています。



寒さをしのぐ防寒対策

男の和装コートランキング

新年を迎える1月のお出かけは寒さ対策を忘れてはいけません。着物を着る前(着付けの際)に厚手の下着や股引を着用したり、足袋も裏起毛のような暖かい素材のものが便利です。出かける際はマフラーを巻いたり着物コートやトンビコートを羽織るなどして、防寒対策をしっかりしましょう。



足元の防寒アイテム