リバーシブルで着こなす献上帯|男着物の加藤商店

トップ > コンテンツ > リバーシブルで着こなす献上帯


リバーシブルで着こなす献上帯

当店セット商品に付属しています献上帯は、綿製のしっかりとした素材で、締めやすく緩みやすいの特徴です。シンプルで飽きのこないデザインなのであらゆる浴衣に合わせることができます。そして、実は裏面も使うことができます。裏面を有効的に活用して、コーディネートの幅を広めてみてはどうでしょうか?

献上帯の特徴

献上柄の解説

浴衣や着物の時に定番として締められる献上柄の帯、仏具や宝具を図案化した柄が織り込まれています。主に華皿(はなさら)という縞柄が、モチーフとされています。
一般的に着用する場合は、「細い華皿が上」とされています。
ただ、「絶対こうでないとダメ!」というわけではありませんし、上下を逆さにして締めてもなんら問題ありませんよ

そして、献上柄の帯には裏も模様があります。例えば下記の画像のように裏返して着用するとシンプルな一本線の柄が入っています。単なる裏地に見られがちですが、リバーシブルの洋服のように、裏を使うことでコーディネートの幅を広めることができます。



同じ浴衣でも帯を裏返すだけで印象は全然違う

また、裏地が一本線の柄以外にも、帯の種類によっては、あらゆる柄が縫われているものもありますので、献上帯を購入される際はそういった点にも注目してみてはどうでしょうか?

リバーシブルを楽しむコーディネート例

インパクト大きい太極図柄の浴衣に、白の献上帯で一本線の裏地を使うことで、さわやかな印象のコーディネートになっています。また、シンプルなハットとメガネ、和柄信玄袋に、昔ながらの二枚歯下駄を組み合わせることで、より“粋”な着こなしができます。

派手めの和柄ゆかたを和柄のハンチングで組み合わせます。一見くどそうなコーディネートですが、シンプルな一本線を締めてみるとくどさがなくなって上品に着こなすことができます。

こちらも派手めの和柄で、雷神の柄が入っていて、本来ならその柄の迫力において難しいコーディネートも、さわやかな青い一本線で締りのあるスタイルになります。

帯のお手入れ

着用後は体温や湿気を発散させるために数時間陰干しして下さい。帯をしまう場合は湿気の多いところや風通しの悪い場所はお避け下さい。汗、湿りは変色やカビの原因になることがあります。カビが生えるとシミ抜きしても落ちない場合があります。汚れやシミが付着した場合早めに当店もしくはお近くの専門店にご相談ください。ご家庭での洗濯はできません。

献上柄の帯に限らず、角帯は表側と裏側で色や柄が違ったりするので着る着物や浴衣やその時の気分で楽しみましょう♪