帯とは?|男着物の加藤商店

トップ > コンテンツ > 帯とは




帯とは

角帯と兵児帯

上から角帯、兵児帯、そして一番下は結び目の形ができた作り帯です

帯(おび)とは、身体に巻き付けることで、衣類を止めたり、道具を装用したりできます。 男性帯は女性帯と違って種類が少なく、「角帯(かくおび)」と「兵児帯(へこおび)」の2種類になります。一般的に「帯」としてイメージされるのは「角帯」になります。「兵児帯」は家でのリラックスしたスタイルやカジュアルに最適な帯になっています。基本的に両方共、着物・浴衣で共用ができます。

角帯

使用用途

着物・浴衣用の男帯として礼装用からカジュアル用まで幅広く使えます

素材

紗の男帯

夏用で透け感がある紗の男帯

代表的な絹を始め、綿、麻、合繊など長着と同様に繊維文化の進化とともに増えてきました。堅めに織られているので巻いた時に腰回りがカッチリと決まり、姿勢と気持ちが引き締まります。また、夏用の絽、紗、羅といった透ける素材のものもあります。

大きさ

幅は約8〜10cm、長さ4mぐらいが主流となっています。

使い方

帯の締め方

長着の上に腰紐(もしくは男締め)を巻いてから、帯を巻きます。よく間違えれるのですが、角帯はお腹まわりを巻くのではなく、腰骨の上から巻くのが正しい巻き方です。

注意点

帯の端の処理

角帯の中には端に房がついていたり、切り落としたままの状態の場合があります。その時は内側に織り込んでから使用します。

角帯の締め方

兵児帯(へこおび)

使用用途

主にカジュアル用途や角帯よりリラックスして着物・浴衣を着用したい際に使用します

素材

兵児帯は従来の角帯と違って、生地が柔らかく幅広な為、締めた際に身体に負担がかかりません。絹が主流ですが、最近では合繊のものもあります。

大きさ

特にきまりがありません。腰に巻いた際には角帯よりも大きく見えてインパクトがあります。

使い方

角帯同様腰紐(もしくは男締め)の上の腰回りに巻きます。角帯よりゆったりと巻けるので、よりリラックスしたスタイルになります。

兵児帯の締め方

兵児帯を巻いた姿。腰回りのふわりとした見た目が粋な着こなしを演出します。

注意点

垂れ下がった見た目上、カジュアル用途に使用する帯なので、冠婚葬祭などの厳格な場所での着用は避けましょう。

兵児帯の締め方