羽裏・額裏

男着物の加藤商店トップ > 和装小物 > 羽裏・額裏

羽裏・額裏

見えない部分にこだわる羽裏を選ぶなら!

正絹素材で一点一点手描きの大胆なデザインの裏地で表地だけでなく
見えない部分にこだわり大人の遊び心をくすぐるこだわりの逸品。男着物の専門店が隠れた部分で楽しむ確かなモノ選びをサポートします。

羽裏とは?


羽裏とは羽織の裏地に用いる生地のことを総称して「羽裏(はうら)」と呼び、その中でも一枚の絵柄のようになっているものを「額裏(がくうら)」といいます。
また額裏は絵柄を大胆に見せることができるのも特徴で「絵羽(えば)」とも呼ばれます。
素材は正絹、化繊(ポリエステル)などがあり、デザインも男らしい墨絵や洋柄やポップなものまで様々です。
羽裏は着姿からは見えない箇所ですが、表はサラリと装いながら、裏には個性を出している!
「脱いで初めて他人に見える」といった”裏勝り”が粋でお洒落な遊び心を掻き立ててくれます。

羽裏

羽裏の選び方

羽裏

まずは羽織の素材を確認して下さい。羽織が化繊の場合であれば羽裏もポリエステル素材を選びましょう。裏地を絹にしてしまうと洗濯した際に羽裏が若干縮んでしまいます。羽裏が縮むことにより羽織と羽裏の縫い目の所にシワができてしまうので注意して下さい。 素材が正絹の場合は絹の羽裏が良いといわれていますが、最近では羽裏自体の生産も少なくなってきたので、化繊であれ気に入った裏地を見つけた際は絹の羽織であっても個人的には問題はないと思います。



サポート

男着物の加藤商店が選ばれる3つの特長